結婚して半年が経過しているんですが、今住んでいる場所に引っ越してきてから寂しかったんです。
周囲に友達がいない環境でもありましたし、専業主婦ですから家庭になければなりません。
なかなか周囲の人たちと仲良くなることができなかったこともあって、とっても寂しい気持ちを持つようになってしまっていたんです。
新しく住むようになった地域に、大型のパチンコ店がありました。
何気にそこに行ってしまったのですが、その時始めたパチンコで大きな勝ちを得てしまったのです。
パチンコ屋さんていつも賑やかだし、何だかパチンコ代に座っていると落ち着く感じがしてしまって、それに気軽なお小遣いの稼ぎ方だなんて感じがしちゃって、頻繁に通うようになってしまいました。
パチンコをはじめた当初というのはそれなりに勝つことができていましたが、徐々に勝ちから遠のいていきました。
負けた分を取り戻したいという気持ちが強くなって、またパチンコ店に通ってしまう、この繰り返しの状態になってしまったのです。
そして気が付いたら消費者金融のカードローンに手を出してしまっていたのでした。
お金を借りてパチンコに向かってしまう、気が付いたらキャッシングの借入金がなんと100万円にも膨らみまくってしまっていたのでした。
これに気が付いた時は唖然でした。
なんとか借金を返さなければならなくなってしまって、途方に暮れるようになったのです。
そんな私に声をかけてきたのが、パチンコ仲間の主婦だったのです。
パチンコ中に仲良くなった年齢の近い主婦で、食事に誘ってくれました。
借金ができちゃってお金を出せないと言うと、ご馳走してあげると言うので出かけていく事になりました。
そこで、思わぬ情報を聞いていく事になったのです。